冷えとりグッズ

男性の冷え性に効くサプリメント&温活サプリの効果を爆上げする方法

はじめまして、冷え性サバイバーのケントです。

冷え男さん
冷え男さん
冷え性が辛いけど、長湯をしたりとか靴下を履いたりとかなんだか面倒くさそう。手っ取り早く体を温めてくれるサプリメントってないかな?

毎日、仕事で忙しい冷え男さん。冷え性対策になかなか時間を割けない男性は、気軽に温活できるサプリメントがあると助かりますよね。

しかし、残念ながら、サプリメントだけで冷え性を100%解消することはできません。少しずつでも、日常生活に冷え対策を取り入れて、サプリメントの効果を高める努力をしないと、サプリメントを飲む意味がなくなってしまいます。

そこで、この記事では、男性の冷え性に効くサプリメントランキングの紹介に加えて、温活サプリの効果を爆上げする方法をお伝えします。

サプリメントをかしこく使って、辛い冷え性を改善しましょう。

体を温める食材

温活サプリにもよく配合されている体を温めてくれる食材。

冷え性の改善には、体を温める食材を日ごろの食事からも積極的にとることが大切です。

漢方医学では、食べ物を2つの性質に分け、陰性の食べ物は体を冷やし、陽性の食べ物は体を温めると考えられています。

体を温めるには、陽性の食べ物を積極的にとり、陰性の食べ物を取り過ぎないことが大切陰陽の食べ物をリストアップしてみましたので、アナタの温活にぜひお役立てください。

陰性の食べ物陽性の食べ物
  • 白い食べ物(もやし、夏大根、豆腐、牛乳など)
  • 地上に育つ野菜(レタス、キャベツなど)
  • 夏野菜(トマト、ナス、きゅうり、スイカなど)
  • 南国フルーツ(パイナップル、パパイヤ、マンゴーなど)
  • 白い小麦粉から作られたもの(食パン、うどんなど)
  • カフェインを含むもの(コーヒー、チョコレートなど)
  • 精製した甘味料(白砂糖、人工甘味料)
  • 加工食品(インスタント食品、冷凍食品、レトルト食品、缶詰など)
  • 色が濃い野菜(ニンジン、かぼちゃ、小松菜、ニラなど)
  • 地下に育つ野菜(じゃがいも、玉ねぎ、にんにくなど)
  • 冬野菜(冬大根、かぶ、レンコン、ごぼうなど)
  • 肉類
  • 魚介類・海藻
  • 発酵食品(味噌、納豆、チーズなど)
  • 乾物(ごま、干しいも、ナッツ類など)

温活サプリの効果を爆上げする方法

タバコを控える

タバコが健康に悪いといわれる理由の1つに、”体を冷やす”があります。

タバコに含まれるニコチンには、血管を収縮させる作用があり、タバコを吸うと血流が低下します。

血液には、熱を生み出す筋肉の代謝に必要な酸素を運ぶ役割がありますが、タバコを吸うと血液が十分な酸素を運べなくなるため、体が酸欠状態におちいり、結果として体が冷えてしまうのです。

せっかくサプリメントで温活しても、タバコを吸ってしまっては水の泡。サプリメントの効果を台無しにしないよう、タバコの吸い過ぎには注意しましょう。

冷たいものを取り過ぎない

陰の食べ物を避けることも大切ですが、現代は冷たいものに溢れています。

冷たい麦茶、アイスコーヒー、ビール、酎ハイ、アイスクリームにかき氷・・・。暑い夏はどうしても冷たい飲み物や食べ物を求めてしまいがちですよね。

冷たいものを飲んだり食べたりしたとき、体の中ではどんなことが起こっているのでしょうか?

人間の体には、生命を維持するために5,000種類もの酵素が存在していますが、酵素は37度~40度の間でしか活発に動けません。

そのため、口から摂取した冷たいものは、胃の中で体内温度と同じ39度まで急速に温められます。その際、膨大なエネルギーが消費されます。

この膨大なエネルギーのモトとなるのが、アナタの体に蓄積されている熱源。

体内に、十分な熱源が存在している場合、少しぐらい消費されても問題ありませんが、限られた熱源しか存在していない場合、体は熱源を失いみるみる冷えてしまいます。

冷たいものを取り過ぎると、体が冷えるメカニズムがおわかりいただけましたか?

とはいえ、夏に冷たい飲み物をゴクゴク飲むと気持ちがいいですよね。どうしても冷たいものを取りたいときは、冷たいもの→常温のもの→冷たいもの→温かいものなど、飲み物や食べ物の温度を上手に調整しながら、体の熱源を守りましょう。

足元を積極的に温める

体が冷えていると、血液がドロドロになり、血行不良になりやすくなります。

体を温めるには、まず滞った血液循環を正常に戻す必要があります。そのためには、

体を温める→血液が温まる→ドロドロ血液がサラサラになる→血行が改善する→血液が熱を運ぶ→体が温まる

というサイクルを踏まなければなりません。

このサイクルを正常化するには、足元を積極的に温めることが大切。毎日、38~39度のお湯に30分程度つかり、温浴後は靴下でただちに保温しましょう。

夏は暑くて、そんなに長くお風呂に入っていられないという方は、せめて薄い靴下1枚でも常時はいて過ごすことをオススメします。

管理人おすすめ!温活サポートサプリメント

冷え性サバイバーの管理人ケントがおすすめしたい温活サプリがコレ!

金時生姜プレミアムです。

金時生姜プレミアムは、生姜の王様「金時生姜」を配合した温活サプリメント。

金時生姜には、普通の生姜に比べて、ポカポカ成分の「ジンゲロール」4倍、「ガラノラクトン」10倍も含まれています。

梅肉エキスと黒酢もろみが、冷えでドロドロ化した血液をサラサラに。温め&血液サラサラのW効果で、冷えの根をしっかりとほぐしてくれます。

価格が手ごろで続けやすいのも嬉しいポイントですよ。

まとめ

いかがでしたか?

冷え性に悩む方の体には、冷えの根っこがあります。長い時間をかけて根付いた冷えの根っこは、サプリメントを飲んだだけで簡単に解消できるものではありません

温活サプリメントの効果をしっかり受け取るためには、①冷たいものを取り過ぎない、②タバコを控える、③足元を温めるなどの継続した対策が必要です。

温活サプリメントの効果を無駄にしないために、生活習慣を少しずつ見直してみませんか?

error: Content is protected !!