冷えの原因

男性の冷えの原因はコレ!ホントは怖い~冷えがもたらす体の不調

はじめまして、冷え性サバイバーのケントです。

冷え男さん
冷え男さん
最近、なんだか身体の調子が悪いな。上半身は、汗をかきやすいのに、手足の先とかお腹周りとかを手で触ると冷たいんだよね。冷えと体の不調には、何か関係があるのかな?

冷え男さんのように、汗をかきやすい体質でも、隠れ冷え性が意外と多いことをご存じですか?

冷えは、女性だけの悩みではありません男性の冷えが、将来、重篤な疾患につながる可能性もあるのです。

そこで、この記事では、男性の冷えの原因をランキング形式でご紹介するとともに、冷えがもたらす体の不調についてお伝えします。

冷え男注目!冷えの原因ランキング

No.1 薄着

男性は、よく薄着をしますよね。

暑い夏はもちろん、寒い冬でさえ、暖房の効いている部屋では男性の薄着が目立ちます。

でも、体温は自分では気づかないうちに空気中に放出されているもの。どんなに暖房の効いた部屋でも、部屋の上下左右で寒暖差があるので注意が必要です。

特に、冷たい空気が溜まりやすい足元は要注意

体感では暑いと感じていても、体の内側は冷えていることも多いので、普段から薄着ばかりしている方は、服装を見直しましょう。

No.2 運動不足

人体で、熱を生み出すのは筋肉。いくら有酸素運動をしても、筋肉量が増えなければ体温は上がりません

日頃から、意識して筋トレをしていない方は、筋肉量の低下にともなう熱量の減少が冷えにつながります。

また、血液には全身に熱を運ぶ役割がありますが、運動不足になると血行不良になり、手足の末端が冷えたり、血管がつまりやすくなります。

冷えの改善を目指すなら、全身の筋肉量を増やしましょう。

No.3 冷えの蓄積

冷えは、体に蓄積するといわれています。

子供のころから家の中では素足が当たり前で生きてきたけど、最近、急に足の冷えが気になりだしたという方は要注意。

それは、密かに溜まってきた長年の冷えが、加齢とともに顕在化してきたからかもしれません。

冷えは万病のモト。冷えは、蓄積すればするほど解消が難しくなり、その分、解消に努力やガマンが必要になります。

冷えが病につながるまえに、新しい冷えを生み出さない工夫をしましょう。

”冷え”が男の健康を脅かす

体の冷えが進行すると、血行が悪くなります。

血行が悪くなると、体のすみずみにまで酸素や栄養を十分に運べなくなり、新陳代謝がスムーズにできなくなるばかりか、体に毒素をためこむハメに。

毒素を生み出す代表例といえば便秘ですが、本来排泄されるべき便が腸に残ったままになると、体にとって不要な毒素が腸から再吸収されてしまいます。

再吸収された毒素は体中をめぐり、ニキビ、頭痛、食欲不振、吐き気などの症状となって現れます。

それだけではありません。体内に残った毒素は、遺伝子を傷つけてがんのモトを作り出すこともあるのです。

”たかが冷え”とあなどらず、冷えが軽いうちに症状を緩和する対策をとりましょう。

冷えがもたらす不調

冷えと一言でいっても、不調の感じ方は人によって実にさまざま。

もし、つぎのような不調を感じたら、アナタの体内で冷えが進行しているサインかもしれません。体の声に、少し耳をかたむけてみましょう。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 首の痛み
  • 腰痛
  • トイレが近い
  • 寝つきが悪い
  • 下痢や便秘をしやすい
  • 疲れやすい
  • イライラしがち

どれか1つでも当てはまれば、その症状は冷えが原因かもしれません。

長引く症状も、体を温めるだけで緩和されることがあります。

38~39度のお湯に30分つかったり、ふくらはぎを覆う長さの靴下をはいて素足を避けたり、スクワットやかかとあげ運動で筋トレをしたりと、無理なくできることから冷えとりを始めてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?

男性は、女性に比べて、自分の冷えに気づきにくく、冷えの自覚があってもなかなか対策に踏み切れないそう。

しかし、今なんとなく感じている不調が、将来、重症化するリスクは避けられません。

冷えの原因や、冷えがもたらす不調を理解し、まずは簡単な温活から始めてみませんか?

error: Content is protected !!