冷えとりグッズ

男の冷え性を撃退!冷え取りグッズで厄介な冷えをかしこく取り去ろう

はじめまして、冷え性サバイバーのケントです。

男の冷え性は、自分でなかなか気づきにくいもの。「手が冷たいね」「足が冷たいね」と他人から指摘されて初めて、自分の体が冷えていることに気づく方も多いのではないでしょうか?

手が冷たいと心が温かい・・・。という言葉がありますが、コレ、都市伝説並みに何の根拠もありません。

手が冷たいと心が温かいのではなく、手が冷たいとアナタの体は確実に冷えに侵されているこれが、正しい見解。現実なのです。

そこで、この記事では、男の冷え性を撃退する便利グッズをご紹介します。どれも、ありふれたグッズですが、合わせ技を使うことで効果倍増。

ぜひ、冷え性を克服して健康な体を手に入れてくださいね。

男のガンコな冷え性に!冷え取りグッズ5選

① 靴下

言わずと知れた冷え取りの友。足元が冷えやすいのは、

  • 床と直に接している足の裏から、体の熱が床に逃げてしまう
  • 温かい空気は天井にたまり、冷たい空気は床にたまる
  • ヒザ下は床と垂直に接していることが多く、血行が悪くなりやすい

から。

たとえ靴下1枚でも、足元を保温するだけで素足の何倍も冷えを防ぐことができます。

冷えは気になるけど、家では素足派だという方は、試しに靴下を履いてみましょう。それだけで、体調の変化が感じられるようになるはずですよ。

靴下の選び方についてはコチラの記事をご覧ください。

② レッグウォーマー

レッグウォーマーの便利なところは、靴下のように締め付けを感じにくいところ。適度にユルく、足の先が出ているためかつけている感がありません。

僕は、寝る時にレッグウォーマーを使っています。木綿の靴下1枚の上から、レッグウォーマーを重ねると、靴下1枚よりも保温性がアップするので足元がポカポカして入眠しやすいんですよね。夜も、ぐっすり眠れます。

サッとつけられて、冷えがたまりやすい足首やふくらはぎをしっかりカバーしてくれるレッグウォーマーは、冷え取り初心者靴下が苦手という男性に特におすすめ。

なかなか気に入ったレッグウォーマーが見つからないなら、古くなってヨレヨレになった長めの靴下の先をハサミで切って使ってもOK。

家にいる時は、常時レッグウォーマーをする。この習慣が、アナタの体調を整えてくれるはずですよ。

靴下&レッグウォーマー合わせ技は、冷えやすい足元の保温性を高めます。

③ 使い捨てカイロ

冷え取りに靴下を履くのは基本中の基本ですが、靴下だけではガンコな冷えを解消することはできません。

なぜなら、靴下やレッグウォーマーそのものは熱を生み出さないから。

そんなときに活躍するのが使い捨てカイロ。カイロは、40~41度の熱を連続10~14時間も作り出すことができ、冷えて凝り固まった体へ持続的に熱を届けてくれます。

冷えが辛いけど、靴下を履いてもなかなか改善しないという方は、かかとを包むようにカイロを貼ってみましょうカイロを肌に直接貼るとやけどをしてしまうので、必ず靴下の上からはりましょう。

体が冷えすぎていると、カイロがうまく温まらないことがあります。それは、カイロが発する熱を冷えた体がゴッソリ吸い取ってしまうから。そんな時は、ポケットの中などでカイロを温めてから、体に再度貼ってみましょう。
百均などで売られている外国製のカイロには、発熱や持続性が不安定なものもあるので注意しましょう。

④ お灸

お灸も、カイロと同じで、生み出した熱を体に届ける役割があります。

しかし、お灸を素人が扱うにはそれなりの知識が必要。なぜなら、体のツボを知らないと効果が半減したり、やけどをしたり、体調を逆に悪化させたりしてしまうからです。

それでも、お灸を試してみたいという方は、上半身は避けて下半身から始めてみましょう。

ツボは、親指で皮膚をグッと押し込んだ時に痛いと感じる穴。スネや足首のまわりのツボを探して、初心者のときは1つのツボあたり1日1回1個からを守りましょう。

お灸をして、熱さを感じないならそこに冷えがたまっている証拠。体がいい具合に熱を吸い込んでいる証拠です。

逆に、熱いと感じるなら熱がうまくツボから浸透していないか、体が冷えすぎている場合も。

コツさえつかめば、お灸でも冷え取りができるようになります。冷えがヒドイと感じたら、カイロや足湯で体を温めてからお灸をするといいですよ。

お灸&カイロ、お灸&足湯合わせ技で、お灸の効能を高めましょう。

⑤ 足湯(フットバス)

”頭寒足熱(ずかんそくねつ)”という言葉のとおり、下半身が温かい人は病気知らずで老後も元気。

一方、現代人の多くは、冷房、冷たい食べ物や飲み物、ストレスなどのせいで、下半身が冷えきった”頭状態。この状態が続けば、体の新陳代謝に異常がつづき、将来、必ず病気にかかるといっても過言ではありません。

とはいえ、一度逆転してしまった”頭を元に戻すのは至難の業。体は、一度冷えるとなかなか元に戻ってくれません。

そこでおすすめなのが足湯。足湯は、冷えて凝り固まった足元を温めて血流を改善し、温かい血液が全身をめぐるお手伝いをしてくれる頼もしい助っ人。

体を芯から温めるには、39度前後のお湯に30分の温浴が最適と言われていますが、湯船に30分つかるのはなかなか厳しいですよね。しかも、日ごろから入浴をシャワーで済ませている方は、なおさら厳しいと思います。

その点、足湯なら、テレビをみながら、スマホをいじりながらでもできるので、寝る前のくつろぎタイムに足湯をして、そのまま寝れば安眠できること間違いなし。

足湯でポカポカと温まった体が、心まで温めてくれることでしょう。

足湯&靴下の合わせ技が、冷え知らずの健康体を作ります。

まとめ

いかがでしたか?

巷には、冷え取りにまつわる様々な情報が出回っていますが、大切なのは自分が居心地の良さを感じられるかどうか。

冷え取りは長期戦なので、ストレスを感じるグッズや方法は、三日坊主になりやすくおすすめできません。

この記事では、男性でも比較的続けやすく、ストレスになりにくいグッズを厳選してご紹介しました。

冷えは万病のモト。予防医学の観点からぜひ冷え取りは続けていただきたい。アナタの冷え性が少しでも改善することを願っています。

error: Content is protected !!